2006年8月14日 (月)

日に焼けた肌・・・イタタ

_004夏だから、!!

海と山と、自然に溢れる地元に戻ったからこそ、久しぶりな夏の楽しみ方を満喫しました。

『お盆を過ぎたからクラゲが出るんじゃない!?』(ってよく言うけど、みんなも?)と心配しながらも、普通に海へ!

家から海まで車で15分。考えてみれば素敵なロケーション。

水着(白いビキニなり!)を身に着けて、浮き輪をまとって(笑)手がふやふやになるまで遊びほうけました。

  _003

夜は、お決まりのBBQ。

今回は素人のオナゴだらけで決行したから、炭に火が付かないし虫がたかってくるし、野菜焦げるし、結局食べきれないしで散々なこともあったけど、だから楽しかったのでしょう。

「暑ーい」なんて愚痴りながらもたくさん喋りながら食べながら、その後は花火もしてフィニッシュ。

帰って風呂に入れば、日焼けの跡がくっきりついて、シャワーのお湯が非常に痛かったのは言うまでもなく。

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2006年8月13日 (日)

たぁまやぁ~

ссс(/`┏∇┓´)/―――* たぁまやぁぁぁ *―――!!!!!!

夏と言えば『花火』★★★今年もやっと見れました★★★

私はノリノリ、けれど、いやいやながら付き合わせました。

人でごった返しているし、花火の打ち上げは実質1時間程度だし、帰りの渋滞なんて散々だし、けれど皆が集まる理由は何だろうねー。

時代は変わっても、人の本質的な心は不変なんだろね。

四季がある日本で暮らす醍醐味を味わっているんだね。

=================================================

花火の後は、何の流れか知らないけれど、相手のおじいさん・おばあさん宅へお邪魔しました。ご両親やおじいさん・おばあさん、はたまた従兄弟まで知っているからね。ここまで紹介されておいて、結局オジャンとなったらどうするつもりなんだと少し不安な今日この頃(リアルに・・・笑)。

それにしても、私の大嫌いな【暇】が襲ってくる。

夏休み1週間って・・・・・・・・・長すぎるー!!!(贅沢な悩みと思われがちですが、深刻な悩み)

苦手なお菓子作りでもしちゃおうかな。草むしりでもしちゃおうかな。ビデオをたくさん見ようかな。本をたくさん読もうかな。   ふぅ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

Do,So かい!

_002_1_001_2

6年前に女子高生だった私達。

今や、それぞれの道を着々と確実に進んでいました。

社会人歴一番長い短大卒の保母さんは今年4年目

大卒で再び別の学校へ進んでいる子も2人

福祉の道を志して専門学校へ行っている子や、道を究めようとT京芸大で声楽のプロを歩み始めている子。

仕事も様々。生き方も様々。みんな、変わったような変わってないような。私はどうなんだろう。

次の話題はやっぱり。だって田舎ですもん・・・。

結婚式場(この辺りでは一番人気があるお洒落な式場)で働いている子もいるんだけど、何と予算は最低300万円~。。。

はぁ!?!?!?!?!?!?

その300万円という額さえ想像つかないね。

幸せは計れないとは思うけど、人生に恐らく1回きりのものに300万円。安いのか、高いのか。   いや、高いだろ、これ。

ま、、、あいにく私にとってはもう少し先の話。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

コアラな課長

暇すぎたもんだから、ついに見ちゃったよー!!

コアラ課長 DVD コアラ課長

販売元:エイベックス・マーケティング・コミュニケーションズ
発売日:2006/06/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

日韓合作風、衝撃のサイコアラ・ホラーついに解禁!

漬物会社の敏腕“コアラ”課長・田村は、韓国のキムチ業者との契約を控え、絶好調だった。そんな彼を思いもよらなかった悲劇が襲う。恋人・洋子が何者かに惨殺されたのだ。事件を担当する刑事・小野は、田村の前妻・由加梨が6年前に謎の失踪を遂げていることを知り、田村を容疑者として追い始める。果たして彼は猟奇連続殺人コアラなのか?それともそれは国際的な陰謀か?はたまたただの悪夢か?やがてさらなる殺人事件が発生、壮大なショックとナンセンスの波状攻撃の果てに、ムツゴロウもアッと驚く動物愛に満ちた衝撃の真実が明らかになる…。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

もうね、ふざけてる。ふざけすぎててそこに職人を感じる(笑)

でも、こんなどーしよーもないふざけ方、大好き (*´ェ`*)

コアラなのに普通にスタイルいい。田村かよ。課長かよ。みんな普通に接するなよ。OLからもてるなよ。携帯電話、マイクに口届いてないよ。コアラ接待かい。キムチかい。おっとローソンには蛙かい。お菓子をチンしてもらってるし。

キリがないほどふざけてる・・・。

どうぞ暇極まりない時には、レンタルビデオ屋さんへ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年8月 4日 (金)

もらっちゃった

本当にこんなことがあるんだぁ。

もらっちゃった、「あれ」。

『長引いた梅雨もやっと明けました。・・・(中略) 今日は、朝見逃した「純情きらり」を昼食をとりながら見た後、午後の店番をしています。図案を描くために花のスケッチをしていると、東吾(笛子の旦那)の姿が時々浮かんできます。しかしながら「美に殉ずる」決意を固めるのはかなりの勇気が必要です。次回のドラマは出演メンバーも既に決まったようですので、その次のオーディションに4さんも応募なさってみては?ひょっとして採用されれば、N●●の魅力が一層高まり、受信料を払う人が大幅に増加すること間違いなし!です。』

どんな形であれ、応援してもらえる人から直接の声が届くと嬉しいもんだ(* ̄┏Д┓ ̄*) ポッ

あいにくオーディションは受ける予定はありませんが(笑)、おじいちゃん・おばあちゃんに元気を与えられるような人になりたいと改めて思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

動き出そう

春から第一歩を進み始めることができました。

けれど、これはあくまでも『第一歩』。

私には、あと二歩も三歩も進まなくてはならない道がある。

普通に淡々と過ごしていると、半年前に抱いていた野望を忘れそうになってしまうのが怖い。

常にこうして一度止まって、先を見るために後ろを振り返る必要もあるわけで。いつまでも止まっているわけにもいかないわけで、そろそろ次の一歩を見据えなくちゃ。

もう少し、私の魂を揺さぶる刺激が欲しいな。

そのために、自分で刺激を与えなきゃ キョロ|゚Д゚*||*゚Д゚|キョロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

話題にのって

Photo_22「公開初日に見る」という、いかにもミーハーなことをしています。コレですφ(*'д'* )

宮崎吾郎さんの監督デビュー、ヒロイン役手嶌葵は声優デビューとCDデビュー。「ハウル」の時にはキムタクの声優デビューが大々的にスポットあたっていたのに、岡田君の声優デビューが霞んでしまうほど話題だらけ。

お陰で、こんな片田舎の映画館も、人でごった返していました。ギリギリ予約して入れました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

スタジオジブリ20年越しの企画が、この夏最大の話題作となって登場

多島海世界のアースシーでは聖なる生物の竜が共食いを始め、農民は田畑を捨て、職人は技を忘れていくなどさまざまな異変が起こり始めていた。やがて人々が魔法を信じることができなくなった時、大賢人ゲドは世界のバランスを崩す者の正体を突き止めるための旅に出て、国を捨てた王子アレンと出会う。

「指輪物語」「ナルニア国物語」に並ぶファンタジー文学の傑作を、『もののけ姫』『ハウルの動く城』のスタジオジブリが映画化。本作がデビューとなる宮崎吾朗監督は、巨匠宮崎駿監督の長男。アニメ映画製作の経験が浅い彼の起用に驚かされるが、宮崎作品を支えてきたキャラクターデザインを採用し、中世西欧絵画風に描かれた退廃的な背景や空の表情で、人物の内面を情緒豊かに演出した吾朗監督の構成力に注目。「世界の均衡と心の闇」という原作のテーマは、『風の谷のナウシカ』(1984)など多くの宮崎作品にも見られるが、そのスピリットを受け継いだ吾朗監督の感性はジブリ作品の新しい魅力となった。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

う~ん、色々言う人はいるけれど・・・素人の私の目からすると「やっぱりジブリは凄い」と思いました。

子どもから大人まで、こんなたくさんの人たちにメッセージを伝えられる技を持っていて、作品を通して多くの人に影響を与えられることは偉大なことでしょう。

確かに作りは単純で、今までのジブリから考えると物足りなさを感じてしまうけど、それでも明快で伝わり易いって大切なことでしょう。原点に戻ったってだけじゃなーい。

そんなワケで、単細胞の私としては満足でした★★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

記録的な大雨

1

嘘みたいな現実です。(朝11時撮影)

番組も緊急放送に変わりました。

家の周囲は全く何の影響もなかったのに、列車は運休する線も多発するわ始発が朝10時だし。

何だこの騒ぎ!!・・・と思うのもつかの間。

そして、局のある街へ着いてみたら、おいココはどこだと目を疑いましたガ━━(゚Д゚;)━━ン!

溢れてる溢れてる、駅前通行止め

2

溜まってる溜まってる、水が膝まで来てる場所まであるし。

この町は、大きな川が2つも合流するS道湖って大きな水溜りがあるし、水はけが悪い町の作りで、いつも被害が集中するんですって。

警察官は、この雨のせいで4日連続泊まり勤務をしているそうだよ。

ある程度覚悟はしていたものの、ここまでとは・・・。初体験。

この職場にいると、最新情報がいち早く入るわ社会の動きが集まってくるわ、緊急放送ばかりでテンヤワンヤだわ。

でも、こういう時に実感すること。

【放送は人の命を救うもの】 生の情報を即座に伝えることで、一人でも多くの人の命が助かる可能性を持つんだって、実感するな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

企画第二弾★

真夏の炎天下、元気な子ども達と必死なオヤジ達。 

1_2 企画第二弾となった今回の主役は、あそび塾を開校したハイパーなオヤジ達 (*≧┏∇┓≦*) ★

缶ケリやケンパで、最近の子どもじゃ見かけなくなった「子どもらしい」笑顔を見ることができました。

そして、何より子どもの頃に戻ったオヤジ達の笑顔。オヤジは現代の子ども達のガキ大将なのだ。

只今、構成直しから編集作業中◎来週放送予定なり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

幻想的な景色です

Photo_15 あの世へ行ってきました。

(。-ノ-)/Ωチーン (。-ノ-)ノ彡☆ポクポク

そんな雰囲気も漂うココは、今見ごろのハス池

休日に、それも昼間は32度を超えた日に、おばあ様みたいなトコロに行ってみました。

いやぁ、本物を目の前で見ているのに作り物のように思えるぐらい、色の付きも葉や花の作りも異世界のモノのようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«興味深々